フィンジアの育毛効果を徹底口コミするぜ!

嘘だろ?フィンジアの育毛効果を徹底口コミするぜ!

はじめに

薄毛や頭皮のはげでお悩みの方、健康な髪を育てるためには、健康な頭皮が必要です!!畑で作物を作るとき、土壌がよくないといい作物は育ちませんよね。

 

これと同じで健康な頭皮への努力が必要になるのです。まず、頭皮について知っておきましょう。頭皮は表皮、真皮、皮下組織の3層からなりたっています。(これは顔の皮膚と構造は同じですね。)

 

そして、汗腺、皮肪腺があります。表皮と、真皮の境目にある基底層から新しい細胞がうまれ、徐々に上へと、もちあがり、頭皮の角質は日々剥がれ落ちて、新しい頭皮へとうまれかわっていくのです。(頭皮が健康であれば、細かい垢なので肉眼ではみれないんですよね。頭皮にトラブルがあれば、ふけとして見えるようになるのです。)

 

頭皮の毛穴は顔の3倍近くの毛穴(皮肪腺)があり、毛穴も太く、1つの毛穴から3〜4本も生えているんです!!身体の中で皮脂腺の数が多く、分泌も活発です。だから、すぐベタベタしたり、臭いがしたりしますよね。しかも、髪が覆っているので、蒸れやすく細菌が繁殖しやすい環境なのです。なので、他の皮膚より念入りな手入れが必要ですよね。

 

また、頭皮には筋肉がないので、頭皮を自分自身動かすことはできないのです。ということは、頭皮の血流は、身体の血流がよくないと、充分な血液(栄養源)が頭皮や髪にとどかなくなり、髪が細くなったり、ぬけやすくなったりしてしまうのです…。(髪は血液から、髪の毛根の下の毛球と呼ばれる膨らんだ部分から直接血管とつながり、栄養をえているのです。)

 

そして、次にひとりの頭にはおよそ10万本の毛髪が生えています。(多い時代は…)髪は1日に0、3ミリ伸びるのです。すごい代謝細胞でしょう!!!個人差はありますが、皮膚は28日周期で生まれ変わります。頭皮は他の毛穴に比べると大きいということはいいましたよね。
頭皮は、髪があるので他の皮膚より洗いづらいですよね。大きな毛穴から、分泌される汗や皮脂がまざりあい、おちにくくなり、毛穴こびりついてしまうことがあるのです。そして、トラブルを引き起こしてしまうわけです。

 

代謝が鈍り、皮膚の生まれ変わり機能が低下します…。毛穴や髪の付け根にこびりついている皮脂汚れは、きちんとしたシャンプーが基本ですが、皮膚の生まれ変わり機能を促す成分効果的なのです。たまりがちな角質汚れを取り除き、健康な頭皮へとかわっていくのです。

 

補則ですが、一般的に男性の多くは20歳の成人を迎えると、少しずつ頭髪が薄くなっていくのです…。これは生理現象で、男性型脱毛症といいます。

 

確かに中学生や高校生まではあまり髪の薄い人がいないですよね。男性型脱毛症は、男性ホルモンの一つであるテストステロンが、5αリダクターゼという毛母細胞中の酵素と結合してジヒドロテストステロン(DHT)に変わり、髪の毛を生み出す毛母細胞を萎縮させてしまい、髪の毛の成長をストップさせ、髪の毛本来の寿命より早く抜け落ちてしまうことをいうのです。個人差はもちろんありますが。

 

そして、薄毛の原因はさまざまです。「遺伝的要素」を原因とするものでは男性ホルモン(テストステロン)と酵素(5αリダクターゼ)の2つを両親から一定以上多く受け継いでしまった場合、この2つが過剰に結び付いて、脱毛ホルモン(DHT)が生まれやすくなります。

 

そして、ストレスが自律神経やホルモンのバランスを乱し、血流が悪化し毛根に栄養分を十分運べなくなり、髪の毛が育たなくなります。

 

また、血行不良原因として偏った食事や睡眠不足などの不摂生、過度なダイエット、たばこなどがあります。

 

次は、大切な髪についてもしっておきましょう。髪は大きくわけると、3つ部分からなるのです。外側を包むのはキューティクル。すこしずつ重なりあいながら、髪をつつみこんでいるのです。小さなキューティクルが少しずつ位置をずらしながら重なることにより、髪を外部から守ってくれるのです。簡単にいえばバリア機能をになっているわけです。キューティクルはきれいな状態であると、髪にハリやツヤが生まれてくるのです。そして、このキューティクルは紫外線や熱、摩擦といったストレスにより剥がれやすく、日常の刺激により、ダメージをうけているのです。

 

キューティクルというバリア機能が損傷していれば、髪の内部の成分は流出しやすくなり、切れ毛などトラブルがおこってしまうのです。

 

以外に知られていないのが、髪は死んだ細胞であり、キューティクルは再生しません。髪は自ら修復する機能をもちません。なので、ダメージを最小限にとどめる必要があるのです。

 

そして、キューティクルの下には、コルテックスという層があり、髪の90%がこれにあたります。成分はケラチンというたんぱく質からできており、ロープ状になったケラチン繊維がねじりあわされコルテックスが造られているのです。なので縦の刺激には強いのですが、横方向の刺激には弱いのです。また、繊維部分に水分やメラニン色素を抱えるので髪の潤いや色を決めているのです。コルテックスは、キューティクルと違い、成分を入れ込み、補給することができるのです。

 

そして、コルテックスは、毛髪の太さ、コシに関わる部分になるのです。また、髪は日常の生活を反映している指標とも言われています。数センチあれば、ここ数ヶ月の食生活や体内のミネラルバランスがわかるのです。髪が生まれる部分は血液と直結しているので、血液量や食事などによって髪の成分がかわってくるのです。

 

髪の健康には日々の食事や生活、運動が大切なのは言うまでもありません。バランスのよい食事や適度な運動、ストレスの解消を行って内側からも健康な髪を生み出す努力は必要になってくるのです。

 

フィンジアの育毛効果は本当なのか?徹底口コミレビュー!

ここで本題に入るのですが、今、話題のフィンジア。なぜ売り切れが続出する事態なるほど人気なのか検証してみました。

 

血流頭皮の血流を促すのがミノキシジルって言われてますよね。ミノキシジルは、最強の生え薬と呼ばれていて、AGA(男性型脱毛症)の治療にはかかせない薬ですよね。もちろん外来などで処方薬として使われています。しかし、ミノキシジルには副作用がありますよね。(初めは高血圧治療ため使われていた薬なのですから仕方ないですけど。)高血圧治療の副効能で発毛効果がわかり、育毛関係つかわれるようなったわけです。高血圧の人が血圧を下げるために血管を拡張させ、血流を多くする作用がよかったのでしょうね。しかし、副作用として、低血圧、性的不能、性的機能低下、肌荒れなどがありますよね。

 

フィンジアの有効成分キャピキシルとは?

そこで注目されるようなったのがフィンジアの注目成分の一つ、キャピキシル!!!今の育毛業界では非常に注目されている成分で、耳にしたことがある方も多いと思います。キャピキシルとは、カナダのLucas Meyer Cosmetics社という化粧品会社が開発した育毛成分なのですが、ミノキシジルのおよそ3倍もの育毛効果があるという実験データがあるのです。化学構造もミノキシジルにとてもよく似ていますよね。

 

ただ、公表データを見る限り、試験管内で行われて採取したデータみたいなので、実際の人間の頭皮でも同じ効果が得られるのか、といわれると????とはなりますが、最近の育毛剤の傾向をみてみると、キャピキシル配合の育毛剤がどんどん発売されていますよね。このことも踏まえて考えると、効果が期待できそうですね。また、キャピキシルは全く副作用がないということもあり、これは薄毛治療には素晴らしい成分といわれています。

 

 

フィンジアの注目成分ピディオキシジルとは?

次に注目を集めている成分。ピディオキシジル。これも性質がミノキシジルと非常に酷似していることから、「ミノキシジル誘導体」とも呼ばれています。キャピキシル同様に副作用が無いのです。この成分が配合されている育毛剤は少ないのですが、以前から女性用のまつ毛用美容液には使われていますよね。某メーカーのですが確かにまつ毛太くなりました(笑)だから薄毛にも効果がありそうですね。

 

フィンジアの注目成分カプサイシンの効果とは?

あとフィンジアの特徴といえばカプサイシンを使った独自の浸透技術ですよね。血流をよくして、毛穴を開かせ、有効成分を奥まで届ける。頭皮に直接つけて成分を押し込むって頭皮ケアにはかかせないですよね。いくらフィンジアが業界最高濃度であるキャピキシル5%、ピディオキシジル2%という成分であっても根本に届かず頭皮の表面にとどまるならもったいないし、あまり効果が期待できませんよね。

 

ただ、カプサイシンは唐辛子に含まれる成分なので、少なからず刺激もあります。皮膚が弱いかたは皮膚が赤くなったり、ヒリヒリしたりする可能性もあるかもしれないので、皮下脂肪の多い部分、自分の腕などでパッチテストをしてから使用した方がいいかもです。(髪をそめるときなどもパッチテストしてから使用してくださいって注意書きがあるのと同じですね。)

 

フィンジアのサブ成分、ヒオウギエキスとは?

また、フィンジアに含まれるヒオウギエキスは育毛に有効的とされる成分で、イソフラボンと似たような性質があります。 具体的には、5αリダクターゼを抑制する作用があるので、抜け毛の防止や頭皮環境改善などの働きが期待できるのです。(イソフラボンは女性がホルモンのエストロゲンと似た働きをするので、男性ホルモンを抑制し、髪の発育によくない原因となる成分を防いでくれるのです)前から使われている成分で、多くの育毛剤で配合されている定番成分ですよね。

 

また、フィンジア含まれるカプサイシンとイソフラボンとの併用で髪が抜けにくく、生えやすい状態をつくることができるのです。

 

フィンジアのサブ成分、ビワ葉エキスとは?

そして、ヒオウギエキスと同様にこのビワ葉エキスも定番の有効成分ですよね。 ビワ葉エキスには、抜け毛を防ぎ脱毛因子であるFGF-5を抑制する働きがあると言われており、脱毛を防ぐ成分です。 こちらも多くの育毛剤でつかわれている成分で、フィンジアにも配合されています。

 

フィンジアとその他育毛剤を比較!

ここでフィンジアがどんな育毛剤なのかをわかりやすくするために、他社の人気の高い育毛剤と比較してみました。多くの商品はキャピキシルを含んでいますが、ピディオキシジル、カプサイシン、ヒオウギエキス、ビワ葉エキス、センブリエキスなど全部含んでいるのは、フィンジアだけなのです。成分的に見てもフィンジアが優れた育毛剤であることは確かですよね。

 

価格で他社と比較してみると、キャピキシル配合育毛剤では一番安いのがフィンジアですよね。 キャピキシルは原価コストが高いため、配合されていると値段が高くなってくるのですが、フィンジアはキャピキシルが2%も含まれているのに良心的な値段だと思います。定期購入だと9,980円と、1万円を切るのはフィンジアが初めて!!!!ただ、ボストンよりはかなり保証期間が短いですよね。

 

しかしよく考えると、ボストンの180日という返金保証は単品購入の場合に限るので、定期購入やセット購入では対象外となってしまうのです。そういったことも考慮すると、定期購入でも保証が効くフィンジアは良心的ですよね。 また、だいたいの定期購入にはたいてい「最低○回以上の継続が必要」という規定がありますが、フィンジアの場合には初回からでも解約可能ですよね。そういった点でも良心的だと思いましたね。

 

ボストンスカルプエッセンスとフィンジアを比較!

ここでフィンジアとボストンの比較をしてみましょう。キャピキシルの濃度はフィンジアもボストンも同じですよね。ピディオキシジルでは、フィンジア2%、ボストン1.5%ということで成分面ではフィンジアが多めですよね。 ただ、ボストンスカルプエッセンスの特徴として、フィンジアには含まれない「フラーレン」という成分が配合されていますよね。

 

これは、抗酸化力に優れた成分で抗酸化成分で有名なビタミンCの170倍もの効果があると言われているのです。活性酸素は身体中細胞に傷をつけ、老化をすすめ、時には病気をひきおしてしまうのです。もちろん活性酸素を除去する働きが、人間の身体にはありますが、あまりに多いと追い付かないのが現状です。頭皮のエイジングの最大の原因ともいえるのが活性酸素なのです。
特に頭皮は分泌された皮脂が酸化することで活性酸素が発生しやすくなります。抗酸化作用があるといわれているもがビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールですよね。頭皮ケアには髪をうむ細胞の老化を防ぐことで、頭皮環境の改善につながります。
これはフィンジアには含まれていない成分でありボストンの特徴ですよね。

 

あとは、価格面で比べるとフィンジアの方が安いですよね。継続が必要な育毛剤。 1ヶ月あたり2,000円違ってくると、大きいですよね。 また、返金保証でもボストンは単品購入の場合した適応されないため、フィンジアの方がおすすめですよね。

 

あと違いといえば、塗布の仕方ですね。フィンジアはジェットスプレータイプ、ボストンスカルプエッセンスはスポイトタイプです。頭皮には、直接つけることが大切ですよね。そして、成分を押し込むように広げていくのがポイントなので、ジェットスプレータイプの方が簡単に頭皮に届きますよね。もちろん、スポイトタイプでもできますが、簡単なのはスプレータイプかなと思います。

 

THE SCALP5.0Cとフィンジアを比較!

次にフィンジアとTHE SCALP50Cを比較してみましょう。 THE SCALP5.0Cも、キャピキシル5%とフィンジアと同じですよね。
フィンジアとの成分的な違いとしては、ピディオキシジルを配合していないという点ですよね。そしてTHE SCALP5.0Cの特徴といえば、「ミスティー水」という特殊な水を使っており、血行促進をさらによくさせる働きがありますよね。浸透力の面でもナノ化したゴールドとプラチナのコロイドで有効成分を奥まで届けるというという方法なっていますよね。なので、有効成分的にはフィンジアがいいのかなと思いましたが、THE SCAP5.0の特徴を考えると、血行促、浸透力を高めるという意味では、いいかなと感じました。

 

また、価格に関しても定期購入10,000円とフィンジアとほぼ変わらず、初回半額(4,980円)キャンペーンなども行っているので、お得感を感じました。ただ、THESCAP5.0Cは定期購入の場合2回以上の継続が条件となっているので、内容をしっかりと把握しないといけませんね。

 

 

チャップアップとフィンジアを比較!

次はフィンジアとチャップアップを比較してみましょう。
チャップアップは、キャピキシルが配合されていない育毛剤の中ですよね。ただ、配合成分の種類の多さ(全44種類)が特徴です。
また、育毛剤と育毛サプリメントがセットで買えるというのも大きな特徴の一つですね。 チャップアップの育毛サプリには、脱毛を抑制する成分として有名なノコギリヤシ、亜鉛、イソフラボンなどその他多くの育毛成分がしっかり含まれていますよね。

 

また、 育毛剤単体で使用するよりも、サプリメントで栄養素を摂取することで、内側と外側、両方からのケアが出来るとして発売以来人気なのです。
しかし、配合率や配合量に関しては一切記載がないため、わからない点があるのも事実かと…。

 

価格は、チャップアップは育毛剤と育毛サプリがセットで9,090円という低価格なので、他の育毛剤にはない値段ですよね。ただ、キャピキシルが入っていないので安くなっている部分もあるような気もします。同じ月に1万円。どっちをとるかって感じですね。

 

 

ディーパー3Dとフィンジアを比較!

次にフィンジアとDeeper3Dを比較してみましょう。Deeper3Dは、キャピキシルを初めて日本にキャピキシルを持ち込んだ先駆け的存在ロングセラーで人気の高かった育毛剤ですよね。
しかし、フィンジアの方が後から販売されているので、成分はフィンジアの方がいいです。

 

Deeper3Dにはピディオキシジルは配合されておらず、総合的に見ても発毛育毛力が高いのがフィンジアになってしまいます。また、価格でもフィンジアの方が安いです。Deeper3Dにはセット購入はあるものですが、割引のきく定期購入がないので、効果や価格に関してもフィンジアが圧倒的に上回っている感じですね。

 

 

フィンジア購入者の口コミ評判

フィンジアの口コミや評判は フィンジアはまだ発売されたばかりということもあり、長期利用者の参考になるような口コミがあまりなく、その効果に関してハッキリとしたデータが少ないのが事実ですが、発売以降から愛用している方も多く、ネット上には使用感などのレビューは多いです。髪が太くなった、コシが出てきた、地肌が見えにくくなった、産毛が生えてきた、抜け毛が減ったといういい意見や効果がいまいちわからない、ぬけ毛が増えた、注文してからなかなか届かなかった、残量がわかりにくい、スプレーの出が悪くなったなども悪い意見もありました。

 

ただ、抜け毛の増減に関しては、薄毛治療をはじめた初期のころは「初期脱毛」と呼ばれる抜け毛が一時的に増える期間がありますよね。(育毛剤の使用によって新しい毛の成長が促され、古くなり成長の止まった毛髪が新しい毛によって押し出されること)初期脱毛が終わると髪の毛が増えていきますが、初期脱毛を知らずに体験した人の中には中止してしまうかたもいるかもしれませんね。

 

 

【結論】フィンジアは買いか否か?

フィンジアは優秀な育毛剤かといわれると、配合成分、浸透力、価格などを総合的に考えてもよい育毛剤と言えると思います。

 

副作用のリスクなく薄毛を改善したい、AGAクリニックに通うほどの費用がない、自宅でケアできる育毛剤が欲し、まだ薄毛にはなっておらず予防的に使ってみたい、といった方にはオススメです。

 

ただ、すでに深刻なまでにAGAが進行しており毛髪がほぼない人にはおすすめできません。こういった方は本格的な医薬品を使われた方が効果はあるかと思います。

 

 

品切れ続出

フィンジアは2015年8月の発売以来、在庫がなくなり生産が追い付かなくなるという事態が二度も発生しています。現在は大丈夫ですが、気になる方は万が一のときのために早めに注文することをおすすめします。皆様の髪が少しでも生えますように…。

 

フィンジア効果口コミ フィンジア口コミ検証